MXFをFCP Xにインポートする方法:外付けハードドライブからインポート可能なファイルがない?

Final Cut Pro XがMXFファイルを読み込む際に「No Importable Files」エラーをポップアップしますか?これは、FCP Xに緩いMXFクリップをロードしようとすると、しばしば発生します。また、この問題を引き起こす可能性があり、他の理由があるかもしれません。最適なパフォーマンスでFCP Xで使用するために、MXFクリップをProResコーデックにトランスコードするための回避策をご覧ください。

Canon MXFをFCP Xにインポートする:インポート可能なファイルがない「No Importable Files」

“こんにちは、キヤノンXF100で撮影したMXFファイルを外付けハードドライブからFCP Xにインポートしようとしています。残念ながら、「インポート可能なファイルがありません」というメッセージが表示されます。「選択したファイルやフォルダはインポートできません。選択を変更してもう一度やり直してください。

Canon XF Pluginをインストールしました。 問題を解決するために何かできることはありますか?ご存知の場合は、解決策を提案してください。前もって感謝します。”

ユーザの説明によれば、カメラで作成された完全なフォルダ構造ではなく、単一のMXFファイルがあるようです。フォルダ構造全体を取得すると、FCP Xはメディアをハートビートでインポートします。フォルダ構造はなく、インポートすることもできません。何らかの理由で完全なフォルダ構造が失われた場合は、最初にProResにトランスコードする必要があります。このガイドで、単一のMXFをProResに変換するの行う方法をご説明します。

どうしたらMXFファイルをFCP X編集のProResに変換しますか?

ここにあなたが必要なソフト:Mac MXF HD動画変換ソフト

 Download MXF Converter for Mac
次の手順をご実行してください:

ステップ1:MXFをソフトにロードする

このMac MXF 動画変換ソフトウェアをコンピュータにインストールして起動し、「ファイルを追加」をクリックしてソースメディアを取り込みます。

ステップ2:FCP Xで開くための出力フォーマットとして「Apple ProRes 422(* .mov)」を選択する

「プロファイル」メニューから「Final Cut Pro」カテゴリに移動し、「Apple ProRes 422(* .mov)」をターゲットフォーマットとして選択してください。Apple ProResは、FCP Xに最適な編集コードです。それらをFCPにロードするとき、レンダリングに長い時間待つ必要はありません。

注意:複数のビデオクリップをロードして、バッチ変換を行うために、開始する前に「すべてに応用する」オプションをオフにしておいてください。

ステップ3:ビデオとオーディオを設定(上級ユーザー向け)

「設定」ボタンをクリックして、「プロフィール設定」ウィンドウが表示されます。ここで、ビットレート、フレームレート、解像度、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオ パラメータを設定することが許可されています。

ステップ4:FCP Xで編集ためにMXFをApple ProResに変換することを開始する

準備ができたら、「変換」ボタンをクリックして、FCP Xにロード、編集するために、MXFビデオをApple ProResにトランスコードすることが始めます。「変換が完了したらコンピュータをシャットダウン」をチェックして、他の作業を行うことができます。

ステップ5:「フォルダを開く」ボタンをクリックして、エクスポートされたProResファイルを取る

変換することが終了したら、すぐに「フォルダを開く」ボタンをクリックして、生成されたApple ProResファイルを取得します。これで、Final Cut Xで開いて、さらに任意の問題がないで編集することができます。

 Download MXF Converter for Mac

Please follow and like us:
Follow by Email
Facebook
Google+
http://www.lcysoft.com/tag/mxf%E3%82%92fcp%E3%81%AB%E5%A4%89%E6%8F%9B">
Twitter
SHARE
YouTube
Pinterest
LinkedIn
Instagram