DaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMの非互換性の問題を解決する

この記事は、DaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMメディアの編集に関する問題を抱えている人々を助けるために書かれています。それは非常に良いパフォーマンスでDaVinci Resolveを使用するために、Fujifilm X30 XDCAMファイルをDNxHDまたProResコーデックに変換するのプロセスをご紹介します。

“こんにちは、私はFujifilm X30 XDCAM mxfクリップをDaVinci Resolveにインポートする時に問題があります。メディアに入力すると、DaVinci Resolveがクラッシュしました。警告メッセージも奇妙なものも表示されません。mxfファイルをインポートするまでアプリケーションは正常に動作しているようです。どのように解決しますか?あなたが知っていれば解決策を提案してください。よろしくお願いします。”

何がクラッシュの原因を本当にわからない場合は、Fujifilm X30 XDCAM mxfクリップをDaVinci Resolveの使用に最適な形式に変換してください。これを行う方法についての簡単なガイドをチェックしてください。

部分一:どうしたらMac上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

部分二:どうしたらWindows上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ここであなたが必要とするものです。

動画変換(これはMacとWindowsで利用可能です。お使いのコンピュータに応じて適切なバージョンをダウンロードしてください。)

部分一:どうしたらMac上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ステップ1:Fujifilm X30 XDCAMファイルをロード

Mac 動画変換インストール、開いてください。「ファイルを追加」をクリックして変換したいのFujifilm X30 XDCAMビデオを取り込みます。この動画変換ソフトはバッチ変換をサポートしているので、バンドルの富士フイルムX30 XDCAMファイルを一度に変換することを行うすることができます。

ステップ2:出力形式を選択する

Mac DaVinci Resolveために、“Final Cut Pro” > “Apple ProRes 422 (*.mov)”が出力形式としてをお勧めします。ProRes 422コーデックは、ファイルサイズやファイルの品質のバランスを確保することができます。

ヒント:

1.この変換ソフトは、最大1080pのApple ProResファイルのみを出力します。ソースビデオが4Kで、元の品質を維持したい場合は、DaVinci Resolveで使用するには、“4K Video” > “4K H.264/MPEG-4 AVC Video (*.mp4)”をターゲットフォーマットとしてを選択できます。4K H.264が出力としてを選択するには、お使いのコンピュータが4K H.264を処理するのに十分な電力を持っていることを確認してください。

2. 必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3:変換開始する

「変換」ボタンをクリックして、Mac上でDaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMビデオを編集ためにFujifilm X30 XDCAMビデオをProResに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、DaVinci Resolveで編集できるの生成された.movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。後で、Mac上にDaVinci ResolveでMXFファイルを滑らかに編集できます。

部分二:どうしたらWindows上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ステップ1:Fujifilm X30 XDCAMファイルをロード

Windows 動画変換インストール、開いてください。「ファイルを追加」をクリックして変換したいのFujifilm X30 XDCAMビデオを取り込みます。この動画変換ソフトはバッチ変換をサポートしているので、バンドルの富士フイルムX30 XDCAMファイルを一度に変換することを行うすることができます。

ステップ2:出力形式を選択する

Windows DaVinci Resolveために、“Avid Media Composer” > “Avid DNxHD 1080p(*.mov)”が出力形式としてをお勧めします。

ヒント:

1.この変換ソフトは、最大1080pのDNxHDファイルのみを出力します。ソースビデオが4Kで、元の品質を維持したい場合は、DaVinci Resolveで使用するには、“4K Video” > “4K H.264/MPEG-4 AVC Video (*.mp4)”をターゲットフォーマットとしてを選択できます。4K H.264が出力としてを選択するには、お使いのコンピュータが4K H.264を処理するのに十分な電力を持っていることを確認してください。

2. 必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3:変換開始する

「変換」ボタンをクリックして、Windows上でDaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMビデオを編集ためにFujifilm X30 XDCAMビデオをAvid DNxHDに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、DaVinci Resolveで編集できるの生成された.movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。後で、Windows PC上にDaVinci ResolveでMXFファイルを滑らかに編集できます。

それで全部です。この文章がDaVinci ResolveのFujifilm X30 XDCAM素材の取り扱いに問題があるのに役立つことを望みます。

Please follow and like us:

どうしたらFujifilm X30 MXFをFCP XのProResに変換しまうか?

macOS High Sierraにアップデートされて以来、多くのFCP XユーザーはFujifilm X30や他のビデオカメラのMXFファイルを扱うのに深刻な問題を抱えています。これらの問題を解決する可能性はありますか?この記事では、AppleのFinal Cut Pro Xでより使いやすくするためにFujifilm X30 MXFファイルを変換するための方法について説明します。

“Final Cut Pro XでFujifilm X 30 MXF映像を処理時に問題があります。Sierraと完全に働きましたが、High Sierraでもう機能していない。FCP Xからインポートエラーが報告されたら、クリップを再生できますが音声がないです。誰もが同じ問題を持っていますか?どのように解決しますか?あなたが知っていれば解決策を提案してください。よろしくお願いします。”

10.4 macOS High Sierraにアップグレードした後、FCP XはFujifilm X30および他のカメラからのMXF映像への対処に関する問題があります。Fujifilm X30 MXFメディアをFCP Xで滑らかに使用したいには、まずMXFを変換してください。FCP Xで流暢に編集するために、Fujifilm X 30 MXFファイルをProResコーデックにエンコードする方法に関するのガイドを確認してください。

FCP Xで編集するために、Fujifilm X30 MXFビデオProResに変換する方法

Fujifilm X30 MXFファイルをProResに変換するために、以下の手順に従ってください。

Mac用のビデオコンバーター(Mac 動画変換)をダウンロードする:

動画変換(これはWindowsで利用可能です。お使いのコンピュータに応じて適切なバージョンをダウンロードしてください。)

ステップ1:Mac 動画変換インストール、開いてください。「ファイルを追加」をクリックして変換したいのFujifilm X30 MXFビデオを取り込みます。この動画変換ソフトはバッチ変換をサポートしているので、バンドルの富士フイルムX30 MXFファイルを一度に変換することを行うすることができます。

ステップ2「プロファイル」メニューから出力形式を選択してください。ここで、“Final Cut Pro” > “Apple ProRes 422 (*.mov)”をお勧めします。Apple ProResは、FCP Xに最適な編集コードです。それらをFCP Xにロードするとき、よく読んで処理することができます。

ヒント:

必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3: MXFビデオをFCP Xに変換するを開始

「変換」ボタンをクリックして、Fujifilm X30 MXFビデオをProResに変換することは開始します。

変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、FCP Xで編集できるの生成された.movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。後で、Mac上にFCP XでMXFファイルを滑らかに編集できます。

Please follow and like us:

Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに入力できない

リグの機能によっては、MacのApple iMovieでFujifilm X 30 MXFビデオクリップを編集できないことがあります。このような場合は、富士フイルム X30 MXFメディアをAIC .mov形式にトランスコードすると、iMovieで再生と編集の操作性が向上します。この記事をチェックし、Fujifilm X30 MXFをiMovieに変換することを簡単な方法をご紹介します。

“High Sierra上でiMovieがFujifilm X30から開くべきのMXFファイルの読み込みを拒否するのはなぜですか?それはバグだと思います、今、 私は使用できない富士フイルムX30 MXFファイル(黒い画面、音無し)に基づいたプロジェクトの非常に多くを持っています。しかし、私は簡単な編集をするためだけ、Final Cut Pro Xを購入するつもりはありません。どうしようか?”

あなたは流暢にiMovieを使用するために、富士フイルムX30 MXFファイルをAICのMOV形式に変換することができます。下記のMac 動画変換は簡単なステップでこれを行います。

どうしたらiMovieで編集ために、Fujifilm X30 MXFフアイルをAIC .movに変換できますか?

iMovieで編集するためにFujifilm X30 MXFビデオをAICにトランスコードするには、以下の手順に従ってください。

Mac用のビデオコンバーター(Mac 動画変換)をダウンロードする:

動画変換(これはWindowsで利用可能です。お使いのコンピュータに応じて適切なバージョンをダウンロードしてください。)

ステップ1:MXFをソフトにロードする

このMac MXF 動画変換ソフトウェアをコンピュータにインストールして起動し、「ファイルを追加」をクリックしてFujifilm X30 MXFビデオを取り込みます。

ステップ2:iMovieための出力フォーマットを選択する

「プロファイル」メニューから「iMovieと Final Cut Express」カテゴリに移動し、「Apple InterMediate Codec(AIC) (*.mov)」をターゲットフォーマットとして選択してください。AIC .movは、iMovieに最適な編集コードです。それらをiMovieにロードするとき、よく読んで処理することができます。

ヒント:

必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3: Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに変換する

「変換」ボタンをクリックして、Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、iMovieで編集するための生成されたAIC .movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。それが役に立てば幸い。

Please follow and like us:
Follow by Email
Facebook
Google+
http://www.lcysoft.com/tag/mac-%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%A4%89%E6%8F%9B">
Twitter
YouTube
Pinterest
LinkedIn
Instagram