Corel VideoStudio Proで全部のファイルをインポート、編集するの方法

私は本当にビデオ編集するためのCorel VideoStudio Proが好きです。私は今、4年間にそれを使用してきました。私はPanasonic Lumix DMC-ZS60から30pと24pで4K/UHDビデオまた1080/60pでのMPEG-4とAVCHDファイルをCorel VideoStudio Proで編集したい時、残念ながら、それは本当に落ちます。これは非常に厄介な問題です。Corel は私のパナソニックのビデオを認識していません。私もカメラからカードを取り出し、私のラップトップにそれらを転送します。でも、プログラムは、それらをインポートすることもできません。誰が良い方法を持っていますか?

しかし、あなたはCorel VideoStudioによってサポートされているファイル形式をチェックすると、AVI、MPEG-1、MPEG-2、AVCHD、MPEG-4、H.264、BDMV、DV、HDV、DivX、QuickTime、RealVideo、Windows Media Format、MOD (JVC MODファイル形式)、M2TS、M2T、TOD、3GPP、3GPP2等の多くの動画がすべてサポートされています。なぜMPEG-4、あなたのPanasonic LumixからAVCHDビデオはCorel VideoStudio Proにインポートすることはできませんか?

この問題を解決したい場合、一つのオール・イン・ワン動画変換ソフトが必要です。ここで、LCYSoft 動画変換 究極 Win/Macをお勧めします。このプロのビデオコンバータを通して、1080p/720p MKV、MOV、MXF、MTS、VOB等のほとんどすべてのビデオフォーマットをCorel VideoStudio Pro AVI、WMV、MPG…形式に変換することができます。以下の手順に従って、自由かつ簡単にCorel VideoStudio Proへ変換したファイルをインポートできます。

手順:Corel VideoStudio Proためのオール・イン・ワン動画変換ソフト

ステップ1:LCYSoft 動画変換 究極を無料にダウンロード、インストール、開いてください。注:購入する前に試用することは支持します。

ステップ2:「ファイルを追加」ボタンをクリックして、Corel VideoStudioためのあなたが変換したい任意のビデオをロードしてください。

ステップ3:「プロファイル」をクリックして、Corel VideoStudio Pro支持の形式を選択してください。ここで、あなたはをavi、wmv、mpg形式を選択することができます。

ステップ4:「編集」ボタンをクイックして、Corel VideoStudioに変換する前に、ビデオを編集できます。ここで、トリム、クロップ、テキスト/画像/ビデオ透かしを追加、字幕を挿入、ビデオに特殊効果を追加等の編集機能を実現することができます。

ステップ5:すべての設定が行われた後、「変換」ボタンをクリックして、すぐにオールインワンの変換を開始します。数分後、あなたはデスティネーションのフォルダであなたはCorel VideoStudio Pro支持の形式(avi、WMV、MPEG)のビデオを取得します。

ステップ6:ファイルビデオをCorel VideoStudio Pro実行可能な形式に変換した後で、あなたは簡単に何の問題もなくで、Corel VideoStudio Proに編集するためにインポートすることができます。あなたは良い編集の経験を持っている願っています。

文章を推薦:

Please follow and like us:
error

BD MP4ファイルをWD TVメディアプレーヤーで再生できるの方法

BD MP4ファイルはWDTVメディアプレーヤーで認識されないの問題:

私はハードドライブにBD MP4形式のいくつかのテレビシリーズをダウンロードしているが、WD TV HDメディアプレーヤー上に置くときには、それらを再生されません。

私はWD TVでMP4ファイルを見たいですが、私はそれらを再生しようとすると、“ファイル形式がサポートされていない”のメッセージが表示されます。

私のWDTV Liveはすべての私のBDのMP4ファイルをサポートしていませんか?私は、WDTVにBD MP4ビデオの一部が再生することができが、ほかのBD MP4ファイルを再生することはできません。

WDTV Media Playerの支持するのメディアファイルフォーマット

ビデオ:MPEG1/2/4、WMV9、AVI (MPEG4、Xvid、AVC)、H.264、MKV、MOV (MPEG4、H.264)、M2TS、TP、TRP、TS、MP4、ASF、VOB (非保護また非暗号化)

音声:MP3、WAV/PCM/LPCM、WMA、AAC、FLAC、MKA、AIF/AIFF、OGG、Dolby Digital、DTS

プレイリスト:PLS、M3U、WPL

字幕:SRT、ASSm、SSA、SUB、SMI

どうしたらBD MP4ビデオをWD TVで再生しますか?

LCYSoft 動画変換Mac版)はベストWD TVビデオ変換ソフトです。このソフトを通して、BD MP4ファイルをFLV、SWF、WebM、OGV、F4V、F4F、WTV、DVR、ASF、MPEG、WMV、AVI、DivX、DV、MP4、M4V、MOV、MXF、MKV、VOB、MTS、3GP等の WD TV 支持の形式に変換することができます。

ガイド:BD MP4ビデオをWD TV形式に変換

LCYSoft BD MP4動画変換-WD TVビデオ変換ソフトを無料にダウンロード、インストール、運行してください。

ステップ1:BD MP4ファイルを追加

“ファイルを追加”ボタンをクリックして、BD MP4ファイルをロードすることができます。

ステップ2:WD TV形式を選択

「プロフィール」をクリックして、WD TV支持の形式を選択してください。 例えば:“普通のビデオ”中の“MP4 MPEG-4 ビデオ(*.mp4)”。HD WMVファイルをWD TVで再生ために、“HD ビデオ”中の“HD MPEG-4 ビデオ(*.mp4)”を選択してください。

ステップ3:BD MP4をWD TVに変換

「変換」ボタンをクリックして、BD MP4をWD TV支持の形式に変換することが始めます。

文章を推薦:

Please follow and like us:
error

DaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMの非互換性の問題を解決する

この記事は、DaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMメディアの編集に関する問題を抱えている人々を助けるために書かれています。それは非常に良いパフォーマンスでDaVinci Resolveを使用するために、Fujifilm X30 XDCAMファイルをDNxHDまたProResコーデックに変換するのプロセスをご紹介します。

“こんにちは、私はFujifilm X30 XDCAM mxfクリップをDaVinci Resolveにインポートする時に問題があります。メディアに入力すると、DaVinci Resolveがクラッシュしました。警告メッセージも奇妙なものも表示されません。mxfファイルをインポートするまでアプリケーションは正常に動作しているようです。どのように解決しますか?あなたが知っていれば解決策を提案してください。よろしくお願いします。”

何がクラッシュの原因を本当にわからない場合は、Fujifilm X30 XDCAM mxfクリップをDaVinci Resolveの使用に最適な形式に変換してください。これを行う方法についての簡単なガイドをチェックしてください。

部分一:どうしたらMac上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

部分二:どうしたらWindows上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ここであなたが必要とするものです。

動画変換(これはMacとWindowsで利用可能です。お使いのコンピュータに応じて適切なバージョンをダウンロードしてください。)

部分一:どうしたらMac上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ステップ1:Fujifilm X30 XDCAMファイルをロード

Mac 動画変換インストール、開いてください。「ファイルを追加」をクリックして変換したいのFujifilm X30 XDCAMビデオを取り込みます。この動画変換ソフトはバッチ変換をサポートしているので、バンドルの富士フイルムX30 XDCAMファイルを一度に変換することを行うすることができます。

ステップ2:出力形式を選択する

Mac DaVinci Resolveために、“Final Cut Pro” > “Apple ProRes 422 (*.mov)”が出力形式としてをお勧めします。ProRes 422コーデックは、ファイルサイズやファイルの品質のバランスを確保することができます。

ヒント:

1.この変換ソフトは、最大1080pのApple ProResファイルのみを出力します。ソースビデオが4Kで、元の品質を維持したい場合は、DaVinci Resolveで使用するには、“4K Video” > “4K H.264/MPEG-4 AVC Video (*.mp4)”をターゲットフォーマットとしてを選択できます。4K H.264が出力としてを選択するには、お使いのコンピュータが4K H.264を処理するのに十分な電力を持っていることを確認してください。

2. 必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3:変換開始する

「変換」ボタンをクリックして、Mac上でDaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMビデオを編集ためにFujifilm X30 XDCAMビデオをProResに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、DaVinci Resolveで編集できるの生成された.movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。後で、Mac上にDaVinci ResolveでMXFファイルを滑らかに編集できます。

部分二:どうしたらWindows上でDaVinci Resolveを使用するためにFujifilm X30 XDCAMファイルを変換しますか?

ステップ1:Fujifilm X30 XDCAMファイルをロード

Windows 動画変換インストール、開いてください。「ファイルを追加」をクリックして変換したいのFujifilm X30 XDCAMビデオを取り込みます。この動画変換ソフトはバッチ変換をサポートしているので、バンドルの富士フイルムX30 XDCAMファイルを一度に変換することを行うすることができます。

ステップ2:出力形式を選択する

Windows DaVinci Resolveために、“Avid Media Composer” > “Avid DNxHD 1080p(*.mov)”が出力形式としてをお勧めします。

ヒント:

1.この変換ソフトは、最大1080pのDNxHDファイルのみを出力します。ソースビデオが4Kで、元の品質を維持したい場合は、DaVinci Resolveで使用するには、“4K Video” > “4K H.264/MPEG-4 AVC Video (*.mp4)”をターゲットフォーマットとしてを選択できます。4K H.264が出力としてを選択するには、お使いのコンピュータが4K H.264を処理するのに十分な電力を持っていることを確認してください。

2. 必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3:変換開始する

「変換」ボタンをクリックして、Windows上でDaVinci ResolveでFujifilm X30 XDCAMビデオを編集ためにFujifilm X30 XDCAMビデオをAvid DNxHDに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、DaVinci Resolveで編集できるの生成された.movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。後で、Windows PC上にDaVinci ResolveでMXFファイルを滑らかに編集できます。

それで全部です。この文章がDaVinci ResolveのFujifilm X30 XDCAM素材の取り扱いに問題があるのに役立つことを望みます。

Please follow and like us:
error
Follow by Email
Facebook
Google+
Twitter
YouTube
Pinterest
LinkedIn
Instagram