Mac El CapitanでCanon XA35/XA30 AVCHD/MP4ビデオを簡単に再生、編集

キヤノンは、Xシリーズ、XA35およびXA30には、2つの新しい携帯型のビデオカメラの追加を発表しました。これら2台のカメラは、主に1080p解像度と24、30、60fpsのフレームレートのAVCHDやMPEG4形式のビデオを記録できるの専門家のために設計されています。Macユーザーには、Mac OS X El CapitanでCanon XA35/XA30ビデオを再生、編集するの問題が遭ったの方は、ちょうど下のヒントや解決方法を参照してください。

Canon XA35/XA30 AVCHD MP4をMacで編集、再生

あなたはキヤノンXA35/XA30で記録したAVCHDやMP4ビデオ映像を再生できるの無料の方法を探している場合は、VLCメディアプレーヤーは、あなたの最初な選択肢です。ちょうど、あなたのMacコンピュータ上でMac用のVLCをダウンロードして行きます、あなたは、VLCで高品質のAVCHDとMP4ビデオを楽しむことができるようになります。それに加えて、VLCはまた、AVCHDやMP4ビデオを様々な一般的なファイル形式に変換できるの能力があります。例えば:メディアプレーヤーデバイスまたはビデオ編集アプリケーションと互換性があるのAVI、WMV、MP4、QuickTimeファイル、MKV、WebM、など。

しかし、VLCは一つの無料のオープンソースメディアプレーヤーアプリので、VLCがキヤノンXA35/XA30ポストプロダクションワークフロー中で必要のすべての形式を出力することはできません。特にiMovie/FCEのApple Intermedia Codec、Final Cut ProApple Prores Codecのようなのプロのビデオ編集コーデック。あなたはCanon XA35/XA30ビデオ映像を再生や編集の問題に対処するためのVLC Media Playerの代替アプリを探してのことは必要です。

ここで、あなたにLCYSoft Mac 動画変換(Mac OS X El Capitanを支持)をお勧めします。このソフトを通して、Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4を様々なファイル形式、またデバイス最適化されたファイル形式に変換できます。例えは:Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4をQuickTime、iTunesで再生、iPhone、iPad、iPodに転送、再生する。

また、プロのビデオ編集コーデックプロデューサーとして、このプログラムはあなたに高速で滑らかなワークフローを確保するためのiMovie/FCE/FCP最高の互換性のある編集コーデックAIC/Apple ProresにCanon XA35/XA30 AVCHD/MP4をトランスコードする機会を与えてくれます。別にCanon XA35/XA30から、プログラムはまたMac OS X El CapitanでCanon C100/C100 Mark II AVCHDビデオのインポートと編集の問題を修正することもできます。

 Download MXF Converter for Mac

ステップ1:Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4ビデオをロード

ソフトを運行して、「ファイルを追加」ボタンをクリックして、Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4ビデオをロードしてください。

ステップ2:出力形式を選択

「プロファイル」ドロップダウンオプションから、MacでQuickTimeでAVCHD/MP4ファイルを再生ために、「普通のビデオ > MOV-QuickTime (* mov)」を選択してください。Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4をMac El Capitanで編集ために、「iMovie と Final Cut Express > Apple Intermediate Codec (AIC)(*.mov)」、また「Final Cut Pro > Apple Prores 422(*.mov)」を選択してください。

ステップ3:変換開始

すべての設定が終わった後、メインインターフェイスに戻る、右下の「変換」ボタンをクリックして、Canon XA35/XA30 AVCHD/MP4ビデオをMac El Capitanで変換することは始めます。

変換が完了して、「フォルダを開く」ボタンをクリックして、あなたはCanon XA35/XA30 MP4/AVCHDファイルをQuickTimeで再生、iMovie/FCE/FCPで編集することはできます。

文章を推薦:

Please follow and like us:

Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに入力できない

リグの機能によっては、MacのApple iMovieでFujifilm X 30 MXFビデオクリップを編集できないことがあります。このような場合は、富士フイルム X30 MXFメディアをAIC .mov形式にトランスコードすると、iMovieで再生と編集の操作性が向上します。この記事をチェックし、Fujifilm X30 MXFをiMovieに変換することを簡単な方法をご紹介します。

“High Sierra上でiMovieがFujifilm X30から開くべきのMXFファイルの読み込みを拒否するのはなぜですか?それはバグだと思います、今、 私は使用できない富士フイルムX30 MXFファイル(黒い画面、音無し)に基づいたプロジェクトの非常に多くを持っています。しかし、私は簡単な編集をするためだけ、Final Cut Pro Xを購入するつもりはありません。どうしようか?”

あなたは流暢にiMovieを使用するために、富士フイルムX30 MXFファイルをAICのMOV形式に変換することができます。下記のMac 動画変換は簡単なステップでこれを行います。

どうしたらiMovieで編集ために、Fujifilm X30 MXFフアイルをAIC .movに変換できますか?

iMovieで編集するためにFujifilm X30 MXFビデオをAICにトランスコードするには、以下の手順に従ってください。

Mac用のビデオコンバーター(Mac 動画変換)をダウンロードする:

動画変換(これはWindowsで利用可能です。お使いのコンピュータに応じて適切なバージョンをダウンロードしてください。)

ステップ1:MXFをソフトにロードする

このMac MXF 動画変換ソフトウェアをコンピュータにインストールして起動し、「ファイルを追加」をクリックしてFujifilm X30 MXFビデオを取り込みます。

ステップ2:iMovieための出力フォーマットを選択する

「プロファイル」メニューから「iMovieと Final Cut Express」カテゴリに移動し、「Apple InterMediate Codec(AIC) (*.mov)」をターゲットフォーマットとして選択してください。AIC .movは、iMovieに最適な編集コードです。それらをiMovieにロードするとき、よく読んで処理することができます。

ヒント:

必要に応じて、「設定」ボタンをクリックして、エンコーダ、解像度、フレームレート、ビットレート、アスペクト比、サンプルレート、オーディオチャンネルなどのビデオとオーディオのパラメータを変更できます。ソースメディアに3D効果を追加するために「3D設定を有効にする」こともできます。

ステップ3: Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに変換する

「変換」ボタンをクリックして、Fujifilm X30 MXFビデオをiMovieに変換することは開始します。変換が完了したらすぐに、「フォルダを開く」をクリックして、iMovieで編集するための生成されたAIC .movファイルを最適なパフォーマンスで取得します。それが役に立てば幸い。

Please follow and like us:
Follow by Email
Facebook
Google+
http://www.lcysoft.com/category/mac-%E5%8B%95%E7%94%BB%E5%A4%89%E6%8F%9B/mxf%E3%82%92imovie%E3%81%AB%E5%A4%89%E6%8F%9B">
Twitter
YouTube
Pinterest
LinkedIn
Instagram